夏休みディズニー母娘2人女子旅を振り返る

夏休みの8月28-30日の日程で、ディズニー女子旅3Daysを楽しんだ、奥さんと娘ちゃん。

マツコの知らない世界で風間俊介さんが、TDRを熱く語っていた放送を見て、昨日、勢いで予約してしまいました(汗) 奥さんと子どもだけの旅行です。 私は所要で、お留守番(´;ω;`)ウゥゥ いいんです、家族が楽しんでいる様子を想像して、ニヤニヤするのは嫌いじゃないです(笑) 今回は、若干、旅行代金を節約して、オフィシャルホテルに宿泊です。 いろいろと旅行代理店で検討した結...

真夏だというのに、体力消耗も無く過ごしたようです(すげー)

その様子をブログ化するのが遅くなりましたけど、何かしら、参考になれば幸いです。

ディズニー女子旅概要

ツアーは日本旅行で手配しました。
バケーションパッケージ「アトラクション満喫3Days」です。

日程は、2018.8.28-30です。

交通アクセスは羽田空港からのリムジンバス。

まず、イクスピアリにある、チケットカウンターとウエルカムセンターで、

  • パスポート等をチケットカウンターで引き換え
  • プリチェックインとバゲッジデリバリーの手続き

これらを終えて、いよいよインパです。

ディズニーパークでの行動

3Daysのパーク内行動の内訳は、

  • 1日目(28日) ディズニーシー
  • 2日目(29日) ディズニーランド
  • 3日目(30日) ディズニーシー

となりました。

簡単に概略をまとめて、時系列を絡めた詳細は、別記事にします。

1日目 ディズニーシー

当初の予定では、バゲッジデリバリーやチケット類の引き換えをイクスピアリで手続きするので、そのままディズニーランドという流れでしたけど、急遽予定を変更して、

ステラ・ルーをいち早くゲットするために

ディズニーシーへ行ったそうですよ。

母娘だけの夏休みディズニー女子旅1日目の様子を、我が家の備忘録として綴ります。 ふたりがわちゃわちゃ話たのを時系列にまとめて、アトラクション体験等は私が代筆しています(汗) 1日目はディズニーシー 当初の予定ではディズニーランドでした。 ところが・・・。 自宅から入場まで 6:20 自宅を出発 13:00頃 バス、飛行機、リムジンバスを乗り継いで、ディズニーシーに入場。 ...
ステラ・ルーってディズニーシーしか売ってないの?

2日目 ディズニーランド

11時に入園(汗)

遅くない??

前日は移動もあり、しかもディズニーシーを堪能して、疲れて起きれなかったそうです。
ゆっくり朝食を食べてからの行動もいいですよね。

夏だし体力回復は重要です。

しかし、この日は珍しいトラブルが発生し、緊急通話が私の元へ届いた日でもあります。
もうピンときましたよね?

3日目 ディズニーシー

最終日、一縷の望みをかけてトイ・ストーリー・マニアを目指すも、既にスタンバイは130分待ちという表示に戦意喪失。

しかし切り替えの早い二人は、

「だよねー」

って感じで、タイムリミットの14:30まで楽しむ事に。

いろいろと収穫はあったようです。

ディズニー女子旅のホテル

今回は、なるべく費用を抑えるということで、ディズニーホテルではなく、オフィシャルホテルの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」を選択。

客室は、こんな感じです。

客室
客室
客室

なぞのペンギンちゃんがメインキャラクターの部屋だったとか(笑)
後日調べてみると「ペントン」と言う名前で、トレジャーズルームだそうです。

ディズニー感が全く無いので、夢の続きをホテル内でも楽しみたいなら、ディズニーホテルですね。

ホテルのアメニティとパジャマ

ホテルで一番気になるのは、

  • アメニティ
  • パジャマ

だと思います。

アメニティはひととおり揃ってるということでした。
詳細はコチラ ⇒ シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

アメニティ

パジャマは、前閉じのガウン系で、子ども用も備えてあります。
パジャマも前閉じガウンも、共に語弊がありますね。
前がはだける系の浴衣みたいなやつと訂正します。

パジャマ

ディズニー女子旅のポイント

旅の荷物は少ない方がいいですが、女性はそうもいかない面があるようで、私はあまり口出ししません。
コロコロ2台にまとめたことで、あまり負担を感じなかったようです。

ディズニー女子旅の服装

服装については、お気に入りで結構なのでは。

ただし、靴はスニーカー系が良いかと思います。
1日中楽しむなら、相当な距離を歩き回るので、履き慣れた靴で行くのが鉄則ですよね。

さて、奥さんと娘ちゃんは、35周年のTシャツをお揃いで買ってました。

汗ばむ時期なので、Tシャツ1枚ぐらいで、気候的にも丁度よかったみたいです。

ディズニー 女子 服装

季節を問わず、ディズニーなら、あえて一日分の上着を現地のショップで調達するという手段もありますよね。
行きの荷物が、ちょっとだけ少なくて済みます。

帰りは服の枚数が増えますが、Tシャツ程度なら負担は無いですし、買い過ぎたら宅配便を使って自宅直行でよいかと。

夏ディズニー必須のアイテム

必須アイテムは男女で違いますよね、きっと。

女性の場合、夏は日焼け止めはもちろん、UV対策は必須です。
冬は肌の乾燥対策の化粧品とかになるんでしょうか。

今回に限っては、折り畳み携帯扇風機が大活躍。
2人とも大絶賛してました。

携帯扇風機

Amazonで適当に選んだものですが、唯一重要視したのが充電の持ち時間ですね。
風量も弱で申し分ないのは、私もチェック済み。

EasyAcc 携帯扇風機

もうひとつ良いところはUSBで繋ぐとスマホの充電器代わりにもなるところ。
この値段なら買いです。

パーク内の移動の際に役立ったのは、奥さん曰く、トートバックです。
バケーションパッケージの限定品です。

トートバッグ

リュックは必須として、このトートバッグは即戦力度合いが高かったそうで、重宝した模様。

母娘ディズニー女子旅 まとめ

3日間の母娘ディズニー女子旅は、天候にも恵まれ、キャンストさんいわく「そんなに多くない」ということだったので、満喫できたようです。

夏休みの最終週は狙い目だったんでしょうかね。

ただねー、来年から夏休みが一週間短くなっちゃうので、狙い目の最終週で予定は組めなくなるんですよ(汗)
残念・・。

もしチャンスがある方は、狙ってみては??

しかし小学生も高学年になると、行動が頼もしいもので、ディズニーリゾートラインに乗車するとき、出発のベルが鳴っていて、それを聞いた奥さんが「走るよ!!」と言うや否や、娘ちゃんがズバッと一言、

「駆け込み乗車はダメよ!!」

という事があったそうです。

この件については、奥さんも猛省してました(笑)

旅先での事故やトラブルは絶対に避けなければなりません。
そのためにはトラブルや事故を起こすような行動は慎むべきですね。

テンション上がり過ぎて周りが見えなくなることほど、カッコ悪いものはありません。

次回は3人で行きたいなあ。

error: Content is protected !!